加山雄三さん、東京五輪の聖火ランナーを辞退 「手放しに開催を喜ぶことができない」

2021年6月9日 14時42分
加山雄三さん

加山雄三さん

 神奈川県は9日、東京五輪の聖火リレーで28日に藤沢市内を走る予定だった歌手で俳優の加山雄三さん(84)=茅ケ崎市出身=がランナーを辞退したと発表した。8日夜、所属事務所を通じてメールで連絡があったという。
 メールには「今あらためてこの世界の状況を見た時、手放しに開催を喜ぶことが僕にはできません」「勇気を持って僕は辞退いたします」「僕にとってひとつの夢であった聖火ランナーを辞退することは残念でなりません」と書かれていた。
 県の担当者は「新型コロナウイルスも原因の一つかもしれない。残念だが、加山さんの意向を尊重する」と話した。手続きが間に合わないとして、補欠ランナーからの繰り上げはせず、前後の走者の距離を延ばして調整するという。
 県内では、パラリンピック競泳選手の秋山里奈さん(33)、ラグビー選手の稲垣啓太さん(31)、元宝塚歌劇団雪組トップスターの望海風斗さんの3人が既に辞退している。 (志村彰太)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧