トイレットペーパー盗んだ元警察署長を書類送検「急な便意が不安で…」 窃盗容疑で埼玉県警

2021年6月10日 18時36分
トイレの個室に積まれた予備のトイレットペーパー(イメージ)

トイレの個室に積まれた予備のトイレットペーパー(イメージ)

 埼玉県警は10日、商業施設のトイレからトイレットペーパーを盗んだとして窃盗の疑いで、深谷署長だった元警視の男性(60)=鴻巣市=を書類送検した。元警視は3日付で減給の懲戒処分を受け、依願退職している。
 書類送検容疑は、5月29日夜、JR鴻巣駅に隣接する商業施設の男性トイレで、備え付けのトイレットペーパー5個を盗んだとされる。
 県警によると、容疑を認めている。これまでの聴取に「急な便意をもよおしやすく、官舎まで戻るのに不安で盗んだ」と話していた。署長官舎からは同じ商業施設の刻印入りのトイレットペーパーが13個見つかり、元警視は盗んだことを認めているというが、県警は裏付けが難しいとして立件を見送った。(杉原雄介)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧