調布市が調布駅前の五輪PV、中止含め検討を都に要請

2021年6月10日 21時43分
ライブサイト会場イメージ(東京都の資料より)

ライブサイト会場イメージ(東京都の資料より)

 調布市は9日、都が東京パラリンピック期間中に京王線調布駅前のグリーンホールで計画するパブリックビューイング(PV)の中止を含めて開催是非を検討するよう都に要請した。市が東京五輪・パラリンピック期間中に調布駅前広場に計画していた競技の生中継を観戦できる「コミュニティライブサイト」の開設中止も決めた。
 いずれも新型コロナの感染拡大を懸念する市民感情への配慮が主な理由。駅前広場には現在、市が設営したワクチン接種のための仮設会場があり、駅周辺で混乱を生じかねないとの懸念が高まっていた。
 都主催のPVは調布駅前以外では都内3カ所で計画されており、このうち都立大南大沢キャンパス(八王子市)での開催には同大労組が中止を求める声明を出している。都と大会組織委員会が都立井の頭恩賜公園競技場(三鷹市)に開設する「東京2020ライブサイト」については、三鷹市がワクチン接種会場を開設するよう要請したほか、隣接する武蔵野市は中止を求めている。(花井勝規)

PR情報

東京の新着

記事一覧