<新型コロナ>千葉県で新たに102人感染 市原市のキャバクラ、勝浦市の病院でクラスター

2021年6月10日 22時18分
千葉県庁

千葉県庁

 千葉県内で10日、新型コロナウイルスに感染した80代女性の死亡と、新たに102人の感染が発表された。公表済みの感染者で、10歳未満~80代の男女58人に変異株が確認され、計1939人となった。
 市原市のキャバクラ「クラブ ナウ」で従業員5人が感染し、県はクラスター(感染者集団)に認定した。県の協力要請に応じず、酒類を提供して深夜まで営業していた。従業員の1人が店で週1度実施の市販PCRキットを使った検査で反応があり、その後、医療機関の検査で陽性が確定。他の従業員も検査した。
 県は5月28~6月2日の利用客(延べ約200~300人)に最寄りの保健所への連絡を呼び掛けた。
 勝浦市の塩田病院でも入院患者を含む5人のクラスターが発生。このうち、軽症で医療従事者の50代女性は2回のワクチンを接種済みだったという。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧