五輪PV中止表明の熊谷知事 移動自粛の中での有観客に懸念

2021年6月11日 07時10分

県の「東京2020ライブサイト」の会場に予定してた幕張海浜公園=千葉市美浜区で

 十日の会見で、東京五輪・パラリンピック期間中、幕張海浜公園(千葉市美浜区)を会場に計画されていたパブリックビューイング(PV)イベントの中止を表明した熊谷俊人知事は、開催地で都県などをまたいだ人の移動の自粛要請が解除されない場合、有観客は難しいとの見解を示した。
 熊谷知事は「五輪観戦で都県をまたぐ移動を事実上の主催者として容認するわけで、観戦以外は(移動が)駄目だというふうには到底申し上げられない」と問題提起した。「県民に要請する側として有観客にする場合は、かなり勇気がいる決断になるだろう」とも指摘した。
 県は、大会組織委員会との共催で期間中、「東京2020ライブサイト」の開催を計画していた。三千人が一堂に集まって190インチの大画面で、日本人選手のメダル獲得が期待される競技などの熱戦を見るほか、仮設舞台で、地元の子どもたちが合唱やダンスを披露する予定だった。中止を受け、子どもたちのオリパラ参画の思いが伝わるように、披露予定だった演目を収録した動画や小中学生による選手への応援メッセージを県ホームページ(HP)で紹介する考え。
 熊谷知事は「大会を通して伝わってくるたくさんの思いをライブサイトで集まって共有する形ではできないが、オンラインを活用しながらつながっていくことはできる」と語った。 (中谷秀樹)

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧