神奈川県、五輪聖火リレーの公道走行とPV中止 黒岩知事が表明

2021年6月11日 17時32分
黒岩祐治知事=11日

黒岩祐治知事=11日

 神奈川県の黒岩祐治知事は11日、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、28~30日に予定していた東京五輪聖火リレーの公道走行と、五輪とパラリンピック期間中にパブリックビューイング(PV)や競技体験ができるライブサイトを中止すると発表した。黒岩知事は「心待ちにしていたランナーや県民には申し訳ない」と話した。
 同県内の聖火リレーは箱根町をスタートし、3日間で計15市町23区間を走り、横浜市でゴールする予定だった。代わりに、式典会場でランナーがトーチに付けた火をつなぐ「トーチキス」を行う。
 ライブサイトは、五輪セーリング会場の藤沢市の江の島近くの海水浴場で7月25日~8月5日に、小田原市で8月28、29日と9月4、5日に開催する予定だった。
 横浜市も、市役所で五輪とパラリンピックの全期間に予定していたPVと、大さん橋ホール(中区)で7月31日~8月7日に予定していたライブサイトの中止を発表した。
 藤沢市も五輪とパラリンピック期間中の計14日間に予定していた市役所でのライブサイトを中止すると決定した。(志村彰太、丸山耀平、吉岡潤)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧