<新型コロナ>神奈川県で新たに220人感染 川崎市の保育園でクラスター

2021年6月11日 18時40分
神奈川県庁

神奈川県庁

 神奈川県内で11日、220人の新型コロナウイルス感染と、このうち1人の死亡、既に感染した2人の死亡が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者は1週間前より14人少なく、3日連続で1週間前を下回った。
 横須賀市は、死亡した川崎市の40代男性を含む3人の感染を発表した。男性は8日に死亡後、検査して感染が分かった。
 川崎市は、クラスター(感染者集団)が発生した幸区の特別養護老人ホームに入居していた60代女性の死亡を発表した。同施設では49人の陽性が判明しており、死者は14人目。新規感染者は47人。高津区の保育園で園児2人が新たに陽性と判明し、感染者が保育士3人を含め計6人となったことから、クラスターとみて調べている。
 相模原市は80代女性の死亡を発表した。クラスターが発生した中央区の特別養護老人ホームの入所者。循環器系の基礎疾患があったという。新規感染者は20人。いずれも中央区の製造会社で2人、通所介護事業所で1人の感染が分かり、クラスターは36人、8人となった。
 横浜市は99人の感染を発表した。うち5人は感染者が出て集団検査をしていた認可外保育所の職員と園児。感染が分かっていた4人とあわせ、9人のクラスターと認定した。コールセンターで2人の陽性を確認し、クラスターは12人となった。
 県は39人の感染を発表。厚木市の20代男性は知人5~6人で会食して感染したとみられるという。
 茅ケ崎市は8人、藤沢市は4人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧