「ミャンマーを助けて」、大阪 サッカーW杯予選合わせ抗議活動

2021年6月11日 20時37分 (共同通信)
 在日ミャンマー人らが行ったミャンマー国軍への抗議活動=11日午後、大阪市

 在日ミャンマー人らが行ったミャンマー国軍への抗議活動=11日午後、大阪市

 サッカーのワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー対キルギス戦が行われた11日、会場となった大阪市東住吉区のスタジアム周辺で、在日ミャンマー人らがクーデターを起こしたミャンマー国軍への抗議活動を行った。参加者は「ミャンマーを助けて」と日本語と英語で書かれた横断幕を手に「アウン・サン・スー・チー氏を解放せよ」と訴えた。
 SNSを通じて集まった大阪府内に住むミャンマー人や日本人の支援者ら十数人が参加。マスク姿で独裁への抵抗を示す3本指を掲げながら「軍事クーデター反対」「民主主義を守れ」などと英語や日本語で声を上げた。
 試合は8対1でキルギスが勝った。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧