支援拠点、JSCが2カ所設置へ 五輪選手村近くに

2021年6月11日 20時36分 (共同通信)
 日本スポーツ振興センター(JSC)が東京五輪の選手村近くに日本選手団を支援する拠点を2カ所設置することが11日、関係者への取材で分かった。国の委託を受けた事業。疲労回復を促すなど、大会期間中も充実したサポート環境を整え、地の利を生かして日本選手の活躍を後押しする。
 選手強化の中心拠点となる味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)が東京都北区にあるものの、中央区晴海の選手村からは15キロ以上の距離がある。競技会場も広範囲にわたるため、多くが宿泊する選手村から行きやすい場所にある施設を活用することを決めた。

関連キーワード

PR情報