<新型コロナ>神奈川県で新たに170人の感染確認 川崎市環境局職員や県立厚木商業高教員ら

2021年6月13日 17時29分
神奈川県庁

神奈川県庁

 神奈川県内で13日、新たに170人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。感染経路不明は99人。県と5市の保健当局が発表した。 
 横浜市は50人の感染を発表した。社員4人の感染が分かっている市内の会社に勤める30代男性会社員の感染が判明し、市はクラスター(感染集団)と認定した。既にクラスターが発生しているコールセンターでは、従業員3人の感染が新たに分かり、感染者は計20人となった。
 川崎市は市環境局の50代と20代の男性職員の感染を発表。職場内で濃厚接触者がいるか調査している。新規感染者は2人を含めて63人。
 県は県立厚木商業高校(厚木市)の20代男性教員ら27人の感染を発表。校内で濃厚接触者は確認されていないため、14日以降も通常通り授業を行う。
 相模原市は18人。中央区の製造会社で従業員7人、同区の通所介護事業所で利用者1人の感染が新たに分かり、クラスターはそれぞれ48人、10人となった。 
 横須賀市は米海軍横須賀基地で働く30代女性を含む7人、藤沢市は5人の感染を発表した。 

PR情報

神奈川の新着

記事一覧