<新型コロナ・15日>東京都で新たに337人 対前週比92・1%

2021年6月15日 16時47分
 東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに337人、死者が12人報告されたと発表した。都内の累計の患者数は16万6915人で、このうち現在入院している重症患者は45人となった。新規感染者数(1週間平均)は、15日時点で対前週比92.1%となった。
 年代別では、20代が96人、30代が79人、40代が50人、50代が39人などとなっている。65歳以上の高齢者は27人だった。死者は60代、70代が各1人、80代が7人、90代が3人だった。
 また都は14日から、感染者に対する変異株のスクリーニング検査の対象をインド由来の「L452R」に絞って行っている。新規感染者が変異株「N501Y」にほぼ置き換わり、今後は「L452R」への置き換わりを警戒する必要があるため。15日に新たに発表された「L452R」の感染者は2人だった。

PR情報

東京の新着

記事一覧