<新型コロナ>神奈川県で新たに210人感染 4日ぶり1週間前上回る

2021年6月16日 19時07分

神奈川県庁

 神奈川県内で16日、新型コロナウイルスに感染した横浜市の80代男性の死亡と、210人の感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者は1週間前より9人多く、4日ぶりに1週間前を上回った。
 横浜市によると、死亡しだ男性は同居家族が感染したため5月22日に無症状で検査を受け、翌日に陽性が判明し、発熱した。高血圧の持病があった。新規感染者は74人。このうち1人はクラスター(感染者集団)の発生したコールセンターの職員で、感染者は21人になった。
 川崎市は68人の感染を発表。保育士3人の陽性が判明している幸区の認可保育所で、新たに20~40代の女性保育士4人の陽性が分かり、7人のクラスターと認定した。関連は調査中だが、園児1人も陽性という。多摩区と幸区の保育園でもそれぞれ20代女性保育士の陽性が判明し、当面の間、臨時休園する。
 県の新規感染者は44人。このうち秦野市の20代男性と湯河原町の10代女性は、それぞれ知人と会食して感染したとみている。
 藤沢市は3人の感染を発表した。うち10歳未満の男児は市立保育所の園児。同保育所は19日まで休園する。
 横須賀市は12人、相模原市は7人、茅ケ崎は2人の感染を発表した。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧