尾身会長ら専門家、東京五輪・パラの提言を18日に公表 開催の是非には触れず<新型コロナ>

2021年6月17日 12時55分
政府分科会の尾身茂会長

政府分科会の尾身茂会長

 東京五輪・パラリンピックの感染症対策を巡り、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長ら専門家がまとめる提言に、無観客での開催が最も感染リスクが小さいとの評価を盛り込む方向で最終調整していることが17日、分かった。感染拡大を抑えるため、観客を入れる場合は現行の大規模イベントの上限よりも厳しく制限する必要性を指摘する見込み。提言は18日に公表する。
 提言では、会場の外を含め人が移動したり集まったりして感染リスクが増すことや、強い対策を取らずに開催すれば医療提供体制の逼迫を招くことも指摘する方向。感染力が強いインド株が広まりつつあるため、対策を緩めないように求める一方、開催の是非には触れない。
 政府の対策分科会は16日、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の解除後1カ月程度の経過措置として、スポーツ大会といった大規模イベントで定員の50%以内であれば1万人を上限とする政府案を了承した。政府は、五輪の観客上限はこれを基準に決める構え。 (共同)

関連キーワード

PR情報