重篤な疾病を抱えた仮放免者への在留特別許可 上川法相「個々の事情に応じて適切に判断」

2021年6月18日 15時15分
上川陽子法相

上川陽子法相

 上川陽子法相は18日の閣議後の記者会見で、南アジア出身の女性(46)が、ステージ3の卵巣がんに罹患(りかん)したものの、出入国在留管理庁の在留特別許可が出ないため、保険適用されず、巨額の治療費がかかっている点を問われ「個別事案はお答え差し控える」とし「一般論として、重篤な疾病に罹患した者への在特の判断、疾病に罹患した状況など踏まえ、個別の事案ごとに適切に判断する」と答えた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧