酒類提供は対策店のみ19時までOK、最大2人で90分以内 小池都知事 まん延防止重点措置へ移行後

2021年6月18日 19時17分
会見する小池都知事

会見する小池都知事

 東京都は18日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言がまん延防止等重点措置に移行されるのを受け、これまで全面的に停止するよう求めていた飲食店の酒類提供について一部緩和し、2人以下の客への提供を条件付きで認めるなどの措置内容を発表した。
 飲食店に対する午後8時までの時短営業の要請は継続した上で、午前11時から午後7時まで、2人以下の客に限り、酒類を提供できるようにする。客の滞在時間が90分以内で、都の感染対策チェックリストを店頭に掲示することなどが条件。措置期間の21日から7月11日まで適用される。
 酒類提供が可能な範囲について、国は「原則4人以内のグループ」と設定しており、より厳しい条件とした。感染状況が悪化した場合には、ただちに酒類提供の全面停止を要請するとしている。
 百貨店など床面積1000平方メートル超の施設に対する土日の休業要請は、20日の宣言解除に伴い終了。平日を含め午後8時までの時短営業を要請する。映画館、テーマパークなどへの時短営業の要請などは継続する。カラオケ店は休業要請を解除し、時短要請とする。
 対象区域は、4月の重点措置時の23区と多摩地域6市から拡大し、奥多摩町、檜原村、島しょ部を除くほぼ都内全域で適用される。
 小池百合子知事は記者会見で「ワクチンが行き渡るまでは人流を抑制し、感染対策を徹底することに尽きる。また緊急事態宣言に戻るようなことになってはならない」と強調した。(岡本太)

PR情報

東京の新着

記事一覧