周知なく、電子申請開始 大規模接種など希望の声受け 鎌倉市接種券800人分

2021年6月19日 07時13分
 鎌倉市は十八日、十八〜六十四歳の希望者八百人に、新型コロナウイルスのワクチン接種券を配布すると発表し、電子申請サイトで受け付けを始めた。ただ、受け付けは先着順なのに事前の告知はしておらず、受け付けを始めた午後五時にホームページで公表したのみ。担当者は「周知が十分とは思わないが、緊急的で仕方ない。公平でないと言われればそうかもしれない」と釈明した。
 市によると、国が設置した大規模接種センターや市外のかかりつけ医で接種したいという市民の声を受け、急きょ配布を決めた。八百人分なのは準備できる接種券の枚数に限りがあったためという。申請期間は二十日午後三時までだが八百人に達したら締め切る。受け付けた人には二十、二十一日に市役所で渡す。
 国が東京都内に設置した大規模接種センターは二十七日までの接種枠は埋まっているが、キャンセルが出ればその枠の予約ができる。市内の集団接種会場は自身の年齢が対象になるまで予約できない。
 市は七月六日から、十六〜六十四歳の人に、年代の高い順に、接種券を送るとしている。(石原真樹)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧