来月、全4ルート開通へ 富士登山道、2年ぶり

2021年6月19日 07時16分
 静岡県は十七日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため昨夏は登山道を閉鎖した富士山で、県管理の三登山道の五合目から頂上までを七月十日から二カ月間、開通させる方向で調整していると明らかにした。山梨県も七月一日に開通させる方針を固めており、二年ぶりに四つのルートが全て開通の見通しとなった。
 静岡県によると、同県側は登山道開通に伴いルート上の山小屋も営業再開の予定。案内標識の設置などの安全対策が整ったことや、御来光目的の夜間登山自粛を要請するなどの感染予防策をまとめて三月に策定した指針により、感染リスクを抑えられると判断した。
 静岡側の三登山道は「御殿場ルート」「須走ルート」「富士宮ルート」。登山者は、それぞれの五合目や、二合目のマイカーとシャトルバスの乗り換え地点などで検温し、手指を消毒する。
 富士宮ルートの六合目で山小屋を経営する渡辺尚俊さん(57)は「昨年は営業できず悔しい思いをしたので安心した」と喜ぶ一方で、「対策を取っても完全に感染を防げるわけではない」と懸念も示した。
 三登山道の開通に先立ち、静岡県は十七日、富士宮ルートの五合目から六合目までの一部区間を七月一日に閉鎖解除することも明らかにした。

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧