ビーチパラソルの花時計 小菅水再生センターにお目見え

2021年6月20日 07時10分

夏らしいビーチパラソルのデザインになった小菅西公園の花時計=葛飾区で(区提供)

 葛飾区立小菅西公園(小菅一、小菅水再生センター屋上)に、パラソルをデザインした花時計(直径約五メートル)がお目見えした。
 年四回、三、六、九、十二月に植え替えられ、四季の花やデザインが楽しめる。六月上旬に植え替えた今回は黄色のマリーゴールド、赤、白、紫のサルビアをそれぞれ約三百八十株ずつ使っている。
 花を植えた公園管理所の桐生健三さん(77)は「夏らしくビーチパラソルをモチーフにした。約千五百株の花を使い、見応えのある花時計に仕上がった」と話す。
 公園は、JR、東京メトロ千代田線の綾瀬駅から徒歩約二十分、京成本線の堀切菖蒲園駅、東武伊勢崎線の小菅駅からそれぞれ徒歩約十五分。(井上幸一)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧