ワクチン接種後に発熱や頭痛が…市販薬は飲んでいいの?<新型コロナ>

2021年7月27日 16時12分
イブプロフェンを配合した市販の解熱鎮痛剤

イブプロフェンを配合した市販の解熱鎮痛剤

 企業や大学などでの新型コロナウイルスワクチン職域接種も2回目を迎え、接種後の発熱や頭痛などの副反応が出ている人も多いのでは。副反応が起きた場合、市販の解熱鎮痛剤などを服薬してよいのだろうか。 (デジタル編集部)
 これらの疑問に対し、サイトでは「ワクチンによる発熱は接種後1~2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用するなどして、様子をみていただくことになります」などと回答。
 市販の解熱鎮痛剤では、イブプロフェン(イブ、バファリンプレミアム、ナロンエースなど)やロキソプロフェン(ロキソニン、バファリンEXなど)といった非ステロイド性抗炎症薬や、アセトアミノフェン(カロナール、タイレノール、バファリンルナJなど)があり、厚労省のサイトでは「ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます」としている。アセトアミノフェンは妊娠中・授乳中の女性も使うことができる。
 ただし、咳やのどの痛み、味覚・嗅覚がなくなる、息切れなど、ワクチン接種後の副反応としては通常、起こりにくい症状が見られる場合や、薬によるアレルギー症状やぜんそくが起きた経験がある人、妊娠中・授乳中の女性や病気の治療中の人は、市販薬を服用する前にかかりつけ医や薬剤師に相談した方がよい。
 ワクチン接種後、発熱や頭痛といった副反応の症状が出る前に、予防的に解熱鎮痛薬を繰り返し飲むのは現時点で推奨されておらず、注意が必要だ。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧