ワクチンの有効期間は? 政府内で齟齬…河野氏「1年持つ」 加藤氏「長期のデータ得られてない」

2021年6月21日 12時39分
ワクチン接種

ワクチン接種

 加藤勝信官房長官は21日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンについて、河野太郎行政改革担当相が示した1年という有効期間に否定的な見解を示した。「長期の有効性データは十分に得られていない」と述べた。河野氏は20日の日本テレビの番組で「ファイザー製もモデルナ製も1年は持つ」と説明しており、政府内で齟齬が生じた格好だ。
 会見で加藤氏は両社のワクチンに関し「治験参加者への調査では、2回目接種後6カ月時点で、一定の発症予防効果などは得られたと公表されている」と述べるにとどめた。
 有効期間が具体的にどの程度なのかは「実施中の調査、研究などを踏まえて検討する必要がある」と語り、現時点で明らかになっていないとの認識を示した。 (共同)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧