小池都知事、酒類提供の緩和で「店だけでなく利用者の協力が必要」 感染防止策の徹底を呼び掛け

2021年6月21日 13時36分
都庁で報道陣に対応する小池都知事

都庁で報道陣に対応する小池都知事

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が解除され、まん延防止等重点措置の適用に移行された21日、東京都の小池百合子知事は酒類の提供が緩和となったことを受け、「お客さんがどういう対応をされるのかがポイント。お店だけではなく、利用者の方の協力が必要」と話し、感染再拡大の防止へあらためて対策徹底を呼び掛けた。
 東京の1週間平均の新規感染者は、20日時点で対前週比101.0%と増加に転じた。21日から会食人数や提供・滞在時間など一定の条件付きで、飲食店の酒類提供が可能となったが、「状況が悪くなって、リバウンドの方向に向かうと、また後戻りになる。引き続き、ご協力をお願いします」と述べた。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧