菅首相「承知していません」 お膝元の横浜市長選、側近で閣僚の小此木氏が出馬意向

2021年6月21日 20時38分
菅義偉首相

菅義偉首相

 8月の横浜市長選を巡り、自民党衆院議員で国家公安委員長の小此木(おこのぎ)八郎氏(55)=神奈川3区=が出馬の意向を自民党神奈川県連と横浜市連に伝えたことについて、菅義偉首相は21日、「まだ具体的には承知していません」と語った。記者団の囲み取材に答えた。
【関連記事】小此木八郎・国家公安委員長が出馬意向 IR賛成だが断念の可能性も
 
 菅氏は衆院神奈川2区(横浜市西区など)の選出で、横浜市はお膝元。小此木氏の父で衆院議員だった故彦三郎氏の秘書を務めた。現在は小此木氏が菅政権で国家公安委員長を務め、菅氏とは近い関係にある。
 
 記者から「現職閣僚の市長選に出馬するのは極めて異例。総理の受け止めは」と問われた菅氏は「承知していません」と述べるにとどめた。
 横浜市はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を進め、市長選はその賛否が争点になる。菅氏は17日の記者会見でIRについて「観光の観点から整備法に基づき準備を進めたい」との姿勢を示している。
 自民党は過去2回の市長選で現職の林文子市長を支援。林氏は4選出馬を目指しているとされるが、自民党は高齢と多選を理由に「勇退」するよう求めている。

PR情報