<新型コロナ>伊豆市で五輪関係者へ接種開始 24日までに1回目完了へ

2021年6月22日 07時34分
 伊豆市で二十一日、六十四歳以下の市民への新型コロナウイルスワクチン接種が始まり、東京五輪・パラリンピックの分村となる「ラフォーレリゾート修善寺」と自転車競技会場のある「日本サイクルスポーツセンター」で働く市民に対する優先接種も行われた。
 この日接種を受けた大会関係の市民は計五十人。会場は同市冷川の中伊豆リハビリテーションセンターだった。市によると百八十八人が接種を希望。二十四日までに同センターで一回目の接種を終える。
 大会関係者の市民は、マウンテンバイクの選手の入村が可能となる七月二十一日までに、二回目の接種も終える見込みだ。ワクチンも十分な量を確保できたという。(渡辺陽太郎)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧