<テークアウト グルメ>CHIKYU 麹町DELI(週替わり八百屋弁当)

2021年6月22日 07時38分

◆こだわり野菜の恵み

 地下鉄麹(こうじ)町駅から徒歩2分。日本テレビ通り沿いにインディゴブルーのウッドデッキとキッチンカーを組み合わせた店「CHIKYU 麹町DELI」=写真(上)=がある。敷地は駐車場2台分。店は狭くとも、全国から、こだわりの有機野菜&果物が届き、それを食材にお弁当も販売。オフィス街を新鮮野菜で潤している。
 前身は、半蔵門にあったサラダ店「ナチュラルアート一番町店」。「日本の農業を応援したい」と、各地の農家とつながりを築いてきた店だったが、2018年閉店。「思いを引き継ぎたい」と、書道家の武田双雲さんらが提案する「地球プロジェクト」に賛同するメンバーが運営に乗り出した。同プロジェクトは「地球の恵みにしっかりと感謝して、おいしく楽しく健康的な食卓を提案」するもの。目指すところは同じだった。
 店内には、土作りからこだわる農家が丹精込めた味の濃い野菜が並ぶ。
 写真(下)は「週替わり八百屋弁当」(1000円)。メインは「国産合い挽(ひ)き肉のハンバーグ」。付け合わせのキャロットラペは寺澤農園(青森県)のニンジンで指名買いナンバーワンの人気野菜。埼玉県産在来大豆7種の発芽大豆ほか豆類のマリネや、平飼い卵「金のたまご」(長野県)の煮卵など、この店ならではの食材が彩りを添える。食べて農家を応援するつもりでいたら、野菜から力をもらって自分が応援されていることに気づく。 (さりあ)
 千代田区四番町7の16。8時半〜17時半(弁当販売は9時半〜15時、売り切れ次第終了)。土日祝休。(電)080・7686・3445

関連キーワード


おすすめ情報

メトロポリタン+の新着

記事一覧