東京五輪会場での酒類の販売に自民・二階幹事長が異論「アルコール禁止ぐらいはしっかりと」

2021年6月22日 14時23分
自民党の二階俊博幹事長

自民党の二階俊博幹事長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が会場で観客への酒類の販売を認める方向で調整しているとされることについて、自民党の二階俊博幹事長は22日の記者会見で、「都民の皆さんに注意を喚起するという意味では、(会場での)アルコール禁止ぐらいは考えておく必要がある」と述べ、酒類の販売を認めることに慎重な姿勢を示した。
 東京都が酒類を提供できる時間は午後7時までとしている一方、五輪会場で酒類の販売が認められる方向であることに、世間からの反発も見込まれることについて記者から問われ、二階氏は「幹事長がどう言って決めるというもんではないが、そこは誰が考えても、なるほどと思うような結論を見いだしていくということが大事だと思う」と指摘。
 その上で「私の個人の考えを聞かれれば、こういう事態ですから、やっぱり、都民の皆さんにも注意を喚起するという意味では、ア ルコール禁止ぐらいは、しっかりしておくことは大事だと思う」と考えを述べた。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧