風俗店員を殺害した疑いで少年再逮捕へ 凶器の包丁、1年前に購入か 立川ホテル死傷事件

2021年6月23日 02時00分
 東京都立川市のホテルで男女2人が刺され死傷した事件で、男性への殺人未遂容疑で逮捕されていた、あきる野市の職業不詳の少年(19)が女性を殺害した疑いが強まり、警視庁立川署捜査本部は殺人と銃刀法違反容疑で23日に再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、少年が1年前にインターネットで購入した包丁と現場の壁に刺さっていた血の付いた凶器の包丁が一致した。
 少年は今月1日午後3時半ごろ、立川市曙町のホテル5階の室内で、派遣型風俗店員の相模原市の女性(31)の体を包丁(刃渡り20センチ)で刺し殺害した疑いが持たれている。女性は腹など70カ所以上を刺され、死因は失血死だった。
 少年は女性と初対面だったとみられ、当初の調べに「ネットで人を殺す海外の動画を見て刺激を受けた。無理心中して様子を動画で撮影しようと思ったが(女性に)断られけんかになった」と供述していた。現在は黙秘しているという。
 捜査本部は、少年を事件翌日にあきる野市内で発見し、女性と同じ風俗店で働く男性(25)に対する殺人未遂容疑で逮捕していた。

関連キーワード

PR情報