杉戸町長選告示 現新3人の争い 町議補選は無投票

2021年6月23日 08時01分
 杉戸町長選は二十二日、告示され、いずれも無所属で、新人の政治団体代表木村芳裕さん(73)=共産推薦=、現職の古谷松雄さん(70)、新人の元町議窪田裕之さん(55)の三人が立候補を届け出た。三人は出陣式や街頭演説で公約を訴えた。
 木村さんは「公共施設を統廃合するかが最大の争点」と主張。「公民館を残し、地域を元気にする。町有地は売らない」と訴えた。
 古谷さんは、コロナのワクチン接種推進や、東武動物公園駅前の道路整備に取り組むとし「皆さまの力添えを」と呼び掛けた。
 窪田さんは「強いリーダーシップで町を引っ張る」とし、若者から高齢者まで「住んでよかったという町づくりをする」と訴えた。
 町議補選(被選挙数一)も告示され、立候補は無所属新人の一人のみで、無投票で当選が決まった。
 町長選の投開票は二十七日。二十一日現在の選挙人名簿登録者数は三万八千九十四人。(寺本康弘)

◇杉戸町長選立候補者(届け出順)

木村芳裕(きむら・よしひろ)73 無新
 政治団体代表・町環境審議会委員▽東洋大中退=共
古谷松雄(ふるや・まつお)70 無現<3>
 町長・運輸会社会長(元)町議▽杉戸農
窪田裕之(くぼた・ひろゆき)55 無新
 食品加工業・道の駅直売所運営委員長(元)町議▽早大

◇杉戸町議補選 当選者(被選挙数1)=届け出順

岩崎直美 53 無新

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧