大阪滞在のウガンダ選手団で新たに1人コロナ陽性 空港検疫に続き2人目

2021年6月23日 18時28分
事前合宿地の大阪府泉佐野市に向けて出発する東京五輪のウガンダ代表選手ら=20日未明、成田空港で(共同)

事前合宿地の大阪府泉佐野市に向けて出発する東京五輪のウガンダ代表選手ら=20日未明、成田空港で(共同)

 大阪府泉佐野市は23日、東京五輪の事前合宿のため同市に滞在中のウガンダ代表選手団8人のうち、1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性になったと発表した。成田空港検疫での陽性判明者に続き2人目。
 市によると、大阪で感染が判明したのは20代。22日に採取した検体で分かった。症状の有無や性別、選手かコーチかなど詳細は明らかにされていない。泉佐野保健所が指定する療養先に搬送される。来日後の選手団と接触のあった市職員4人も、念のため自宅待機とした。濃厚接触者に当たるかどうか、保健所が調査する。
 選手団は、英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンを2回接種した後、9人で19日に来日。空港検疫で陽性だった1人を除く8人が、20日から泉佐野市内のホテルで合宿を始めた。
 保健所は22日、合宿入りした選手団全員と現地から同行した市職員1人を、濃厚接触者と判定。市は、7月3日までホテルで待機し練習を自粛するよう求めている。
 選手団は毎日PCR検査を受け、合宿関係者以外の市民からは隔離される。市は、選手団と住民が直接交流する行事をしないことを決めている。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧