上野動物園、パンダ誕生 ファン歓喜 双子の遊ぶ姿見たい

2021年6月24日 07時14分

パンダ柄のシャツやマスク、アクセサリーを身に着けて上野動物園に向かう伊藤さん親子=いずれも台東区で

 シンシンが双子を出産した二十三日、ジャイアントパンダを見守り続ける熱心なファンの人たちから喜びの声が上がった。(長竹祐子)
 上野動物園にほぼ毎日通い、ブログ「毎日パンダ」で写真をアップしてきた会社員高氏貴博さん(43)=さいたま市=は、誕生前の本紙の取材に双子の可能性を語っていた。「本当に双子が生まれるとはびっくり」と驚き、「初の双子をどのように育てていくのか興味津々。和歌山のように双子が一緒に遊ぶ姿も見たい」と語る。「まずは最初の一週間を無事に乗り越えられるよう祈っている」と母子の健康を祈った。
 この日、動物園を訪れた会社員川名加代さん(57)=千葉県柏市=は「無事に生まれて良かった。いつか上野でパンダ一家が全部見られたら」と期待。親子でシャンシャン好きの自営業伊藤絵理さん(43)=埼玉県戸田市=と母の美代子さん(67)=さいたま市=はパンダ柄の服やマスク姿で来園し「シンシンが元気そうでほっとした。『おねえシャン』になったシャンシャンにおめでとうと声をかけたい」と祝福した。
 地元台東区の服部征夫区長は「『上野の宝』パンダの成長を、皆さまとともに見守っていく」とのコメントを発表した。 

ブログ「毎日パンダ」でパンダ写真を発表してきた高氏貴博さん

◆上野松坂屋 記念の金太郎あめや くす玉割りでお祝い

 上野動物園の近く、松坂屋上野店(台東区)では23日、誕生を祝うくす玉割りがあった=写真。記念の金太郎あめも配られ、お祝いムードに包まれた。
 朝比奈光子店長(59)と上野観光連盟の二木忠男理事長(67)がくす玉のひもを引くと、「祝赤ちゃんパンダ誕生」と書かれた垂れ幕が現れ、買い物客から大きな拍手が起こった。
 店ではこの日から食品フロアなどで「ハッピーパンダセール」を開始。24日からリーリーとシンシン、シャンシャンの顔写真が入った懸垂幕を掲げる。(砂上麻子)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧