「表現の不自由展」東京開幕を当面延期 街宣車の抗議で会場移転にめど立たず

2021年6月24日 11時55分
「表現の不自由展・その後」の東京開催延期について記者会見する岡本有佳さん=24日午前、東京都千代田区で(共同)

「表現の不自由展・その後」の東京開催延期について記者会見する岡本有佳さん=24日午前、東京都千代田区で(共同)

 愛知県の国際芸術祭で抗議が殺到し2カ月中断した企画展「表現の不自由展・その後」の東京開催を予定していた実行委員会は24日、街宣車の抗議を受け余儀なくされた会場移転にめどが立たないとして、25日の開幕を当面延期すると発表した。
 10日にいったん内定した新会場がその後、「近隣への迷惑がかかる」として一転、貸し出しを拒否した。7月の名古屋市、大阪市での展示終了後の開催を目指し、新たな会場探しを続けるという。
 東京都内で記者会見した実行委メンバーの岡本有佳さん(58)は「今回はあくまで延期であり、開催できることを確信している」と話した。同席した弁護士は「開催への妨害行為は脅迫や威力業務妨害の罪に当たると考えており、法的措置を検討している」と述べた。入場予約した約500人のチケットは、希望者には払い戻す。少女像などをテーマに6月25、26日に予定していたオンラインでのイベントは開催するという。
 東京展は「表現の不自由展・その後 東京EDITION」と題し、内外の作家の作品を展示、7月4日に閉幕予定だった。 (共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧