都民ファは小池知事に「代表復帰」を要請 告示日は姿見せず

2021年6月25日 21時16分
 「過度の疲労」を理由に静養を続ける東京都の小池百合子知事は、都議選告示の25日も都庁に姿を見せなかった。小池氏が特別顧問を務める都民ファーストの会からは「代表復帰」を求める声も上がり、週明けに予定されている公務復帰後の動向が注目される。

東京都の小池百合子知事

 都民ファの荒木千陽代表は報道陣の取材に「代表就任の依頼をした。検討いただいている」と述べ、小池氏に代表に復帰してもらい、全面支援を得たい考えを明かした。別の都民ファ候補者も「体調次第と思うが、小池氏が都民ファを応援しない事態はないだろう」と復帰に期待感を示した。
 ただ、小池氏は前回都議選では代表として臨んだが、知事と議会が緊張関係を持つ二元代表制に反する懸念があるとして、選挙後に代表を退いた経緯がある。
 今回の都議選にあたって、小池氏は、都民ファ候補に応援メッセージを送るなどにとどめており、記者会見などで問われても特定政党の支援を明言していない。コロナ対策などで政府与党との関係に配慮しているとの見方もあり、自民都連の関係者は「実際に就任するとは思えない。近さをPRしたいだけではないか」と受け止めている。(松尾博史、岡本太、小倉貞俊)

PR情報