期日前投票は前回比1.31倍 2日間で過去最高 都議選

2021年6月29日 07時15分
 都選挙管理委員会は二十八日、都議選(七月四日投開票)の告示翌日(二十六日)に始まった期日前投票について、二十六、二十七日の二日間で、前回同時期に比べて一・三一倍の計二十四万千五百一人が投票したと発表した。
 選挙人名簿登録者数に占める割合は2・1%。都議選告示後の二日間の人数としては、前回より五万六千九百三十人多く過去最高という。
 都選管の担当者は増加の理由について、各自治体の選管が期日前投票の周知に力を入れていることなどを挙げ「新型コロナ対策として、投票所の混雑を緩和する観点からも、期日前投票の活用を考えてほしい」と有権者に呼び掛けている。

関連キーワード


おすすめ情報