「身近なものから感動を」 川崎市名誉市民・藤嶋さん、教員らに講演

2021年6月29日 07時22分

身の回りの不思議に気づく大切さを語った藤嶋昭さん=中原区で

 抗菌や抗ウイルス、汚れ防止などに応用されている「光触媒反応」を発見した科学者で、川崎市名誉市民の藤嶋昭さん(79)=中原区=が二十八日、教員や学校関係者ら百人余を対象に「身近なものから感動しよう!」と題して講演した。北野書店(幸区)の主催で、中原区の市総合福祉センターであった学校図書展示会の一環。
 藤嶋さんは、毎朝の散歩道で目にしたアジサイなどを例に挙げ、「不思議なことは身の回りにいっぱいある。雑草であっても、名前を十個覚えると道を歩くのが楽しくなる」と語った。
 「空はなぜ青いのか」「どうして稲妻と呼ばれるのか」とも会場に問いかけて、科学実験で青空をつくった物理学者ジョン・チンダルなどを紹介。藤嶋さんの教え子がクモの巣やアメンボの動きに着目し、英科学誌ネイチャーに論文が掲載された事例も説明した。
 締めくくりに、中国古典を引用して「まずは知ることが大事。そして好きになり、楽しくなって初めて本物になる。私たちは一生涯勉強です」と呼びかけた。(石川修巳)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧