麻生財務相、赤木ファイル「抜き取ってない」 発言の訂正から一転、記者側の「勘違い」と主張

2021年6月29日 21時02分
会見する麻生太郎財務相=29日、財務省で

会見する麻生太郎財務相=29日、財務省で

 麻生太郎財務相は29日の閣議後記者会見で、学校法人「森友学園」に関する文書改ざんで、自殺した近畿財務局の元職員赤木俊夫さんがまとめた「赤木ファイル」に関し、「全てをコピーして提出した。抜き取ったものではありません。勘違いしているんだろうけど」と述べた。25日の会見では、ファイルの一部を財務省が抜き取って開示したと受け取れる発言をした後に訂正したが、一転して記者側の「勘違い」だと居直った形だ。
 麻生氏は25日の会見で、ファイルの開示について「オーバーラップ(重複)してるのがいっぱいありますから、それは省きますよ」などと発言。会見後、財務省理財局が「大臣が言い間違えた」と発言を削除し、訂正していた。
 だが、ファイル原本について本紙が29日に再度質問すると「原本は赤木さんが自ら取捨選択した」と訂正内容に沿った形で説明。「そういったことを申し上げたんですけど、あなたのように捉えた人もいるということなんだと思う」とも述べた。
 過労で静養している東京都の小池百合子知事について、都議選の応援演説で「自分でまいた種でしょうが」と発言したことについては、「政治家として発言した部分。財務大臣の記者会見ですから、その話は別の場所で質問してください」と述べた。(原田晋也)
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報