麻生財務相、赤木ファイル「抜き取ってない」 発言の訂正から一転、記者側の「勘違い」と主張

2021年6月29日 21時02分
会見する麻生太郎財務相=29日、財務省で

会見する麻生太郎財務相=29日、財務省で

 麻生太郎財務相は29日、閣議後会見で、赤木ファイルに関する質疑応答は以下の通り。
記者 ひとつのファイルに閉じてあったもの。なにも引かずに、なにも足さずにコピーして開示したもので間違いないか。
麻生氏 いまの話は、この間の6月25日の定例記者会見の話を聞いているらしいんだけど、「オーバーラップしてます。というものは省きました」という私の発言が、東京新聞でそういう風にやられている。あなたの見解か東京新聞の見解かしらんけど。
 今般の訴訟に提出した文書の原本は、亡くなった近畿財務職員の赤木さんが、自ら取捨選択をしたファイルをとじこんだものなんですよ。もっと膨大にありますからね。その中から赤木さんが選んで取捨選択したんだから。でしょ?それ、あなた、コピーしたものを書き写してたり、自分がメールしたものやらなにやら。223ページにあったろ。読んでないだろうけど。あったろう?うなづいてるけど、読んでないだろうが。223ぺージにそれあったろうが。
 そういったようなものを含めて、きちんととじこんであると。いうように考えられていることが、私の冒頭にありますから、そういったことを申し上げたんですけど、いまあなたのように捉えた人もいるということなんだと思います。
 改めていっておきますが、今ありますものは出されたものは、赤木さんの出されたファイルをそのまま出していますから。赤木さんはもっと膨大な中から赤木ファイルというものを選んできているわけですから。その中には、ご自分の書かれたものもあるし、そうじゃないものもあると。わかった?それで。あんまりわかってる風じゃないね、その顔は。
 とにかく今般提出した文書については、とじられていた文書を最小限にマスキングした上で、赤木さんがとじられたんですよ、すべてをコピーして提出をしたものであって、赤木さんがとじられていた文書から抜き取ったものではありません。勘違いしているんだろうけど。
 正しく、わかりやすい日本語で言うとそういうことだろ。あなたの質問している意味がよくわかんないんだけど、だいたいそれで答えになってんだろ。あまりわかってるようでうなづいている風はないけど、まあよかろう。
次のページ

関連キーワード


おすすめ情報

経済の新着

記事一覧