熱波で69人死亡…カナダで観測史上最高の49.5度記録 

2021年6月30日 11時26分
29日、熱波に見舞われたカナダ西部アルバータ州で、水着姿で過ごす人々(AP)

29日、熱波に見舞われたカナダ西部アルバータ州で、水着姿で過ごす人々(AP)

 【ニューヨーク=杉藤貴浩】カナダ西部ブリティッシュコロンビア州を中心に記録的熱波が襲い、29日時点で少なくとも69人が死亡した。多くが猛暑の影響を受けた高齢者とみられる。地元メディアなどが報じた。
 同州や米国北西部は25日ごろから記録的な高温となり、29日には同州リットンで、カナダの観測史上最高となる49・5度を記録した。
 公共放送CBCは「(同州の中心都市)バンクーバーは、このような暑さを経験したことがなく、このために何十人もの人々が亡くなっている」とする警察担当者の話を伝えた。市内では通常をはるかに上回る突然死の通報があるという。全体的に寒冷な気候のカナダでは、冷房設備のない住宅が多く、体調を崩す人が続出しているとみられる。
 メディアの多くは、今回の異常気象の背景に地球温暖化があるとする専門家の声を伝えた。気象予報によると、同州南部の暑さは30日から和らぐが、周辺地域は今後も猛暑が続く見込み。

関連キーワード


おすすめ情報

国際の新着

記事一覧