<華宝塚>自分のすべてかけたい 星空美咲(ほしぞら・みさき)(花組)

2021年7月1日 07時26分
 古代ローマが舞台の花組公演「アウグストゥス−尊厳ある者−」(七月四日まで、東京宝塚劇場)は史実とフィクションを織り交ぜた歴史大作。オクタヴィアヌス(柚香光(ゆずかれい))がどのようにしてローマ史上初の皇帝となり、「アウグストゥス(尊厳者)」の称号を贈られたかなどが描かれる。壮大なオリジナル作品の中で、巫女(みこ)、民衆の役などで舞台を支える。
 カエサル、ブルートゥスも登場し、憎しみ、暗殺、戦いなどへと展開する。「いろんな役をさせていただいて、場面場面でまったく違う人を演じられるように意識して」舞台に立つ。「憎しみの連鎖の中にあっても、人が平和を祈るところ」が作品の魅力と語る。
 レビュー「Cool Beast!!」は情熱的で華やかなラテンショー。冒頭から登場し、愛らしい仕草(しぐさ)で笑顔をふりまく。銀橋(上手から下手へ通路状になった舞台最前部)を使った演出も多く、客席との近さに「楽しくもあり、怖くもあります」と明かす。
 中学生の時に宝塚のDVDで、トップ娘役の夢咲(ゆめさき)ねね、愛希(まなき)れいかを見て、「立っているだけで美しいお二人にあこがれて」宝塚を志した。
 入団三年目で、初々しさも漂う若手の娘役。八月の公演「銀ちゃんの恋」ではヒロイン役で出演が決まった。「今自分が持っているすべてをかけ、大切に丁寧に演じたいです」 (山岸利行)
 ※8月16〜24日、横浜市のKAAT神奈川芸術劇場での花組公演「『銀ちゃんの恋』〜銀ちゃん、本日も反省の色なし〜」にヒロインで出演予定。
 ※新型コロナウイルス感染防止対策を徹底して上演しています。

●● 三つの質問 ●●

 (1)無人島に何かひとつだけ持っていくとしたら?
 −細かいことがいろいろ書かれた、サバイバルの本です。
 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?
 −パレード(公演のフィナーレ)で(トップスターの)柚香(光)さんを迎える瞬間。プライベートでは本を読んでいるとき。ジャンルを問わず何でも読みます。
 (3)1週間休みがあったら何をしますか?
 −何も習わず宝塚に入ったので、ひたすら(ダンスや歌などの)レッスンに通いたいです。
<ほしぞら・みさき>
 (1)出身地=神奈川県鎌倉市
 (2)出身校=横浜雙葉高校
 (3)入団年=2019年
 (4)愛称=みさき
 (5)趣味=読書、ドラマを見ること
 (6)特技=ピアノ

関連キーワード

PR情報