「ヘイト許さぬ条例に魂を」 全面施行1年で集会

2021年7月2日 07時35分

記念集会で講演する安田浩一さん=1日、川崎区で

 ヘイトスピーチに全国で初めて罰則を設けた「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」が一日、全面施行から一年を迎えた。市民団体による記念集会が川崎市内で開かれ、ノンフィクションライターの安田浩一さんが、ヘイトスピーチについて「表現の自由は、差別を楽しむ自由ではない」と断言。「マイノリティーを傷つけて他者の表現を奪っているのは誰か。ヘイトを許さないという条例に魂を込めていこう」と呼びかけた。(安藤恭子)
 「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」が主催。条例施行後も市内で差別をあおる街宣が相次ぎ、公園への差別落書き、在日コリアンの崔江以子(チェカンイヂャ)さんが館長を務める「ふれあい館」に脅迫文が届いた事件など、ヘイトクライム(差別的動機による犯罪)が続く現状が報告された。
 安田さんは「条例ができて川崎駅前で『殺せ』『死ね』というヘイトは言えなくなった。差別を許さないという条例、社会の視線があるからだ」と評価。障害者や生活保護受給者へのバッシングを例に挙げ、「弱い立場にある人のことほど、わきまえるよう『らしさ』に当てはめ、その人が権利を主張した瞬間に攻撃、排除しようとする日本社会がある。差別、ヘイトスピーチと通底している」と述べた。

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧