スーパーマンからジョーカーまで DC展 きょうから六本木で

2021年6月25日 08時00分

「DC展 スーパーヒーローの誕生」のプレスイベントに登場したDJ KOOさん(右)と楓さん=24日、東京都港区で

 スーパーマンやバットマンの世界を六本木に再現−。アメリカが生んだヒーローを紹介する「DC展 スーパーヒーローの誕生」(東京新聞、東京シティビュー主催)が二十五日から、東京・六本木ヒルズの森タワー五十二階で始まる。アメリカンコミックの出版社「DC」が持つ歴史的資料や本物の衣装、原画などが四百点以上展示される。
 二十四日の報道公開では、DJ KOOさんとモデルの楓(かえで)さんがコスプレで登場。「DCのTシャツを着て、DJをやっていた。ヒーローの原型が集まっています」と、バットマンの悪役、ジョーカーに扮(ふん)したDJ KOOさん。やはり悪役のハーレイ・クインになりきった楓さんは「小悪魔的なキャラにもあこがれています。ダークな世界観も好き」と話していた。
 展示作品はポップアートの基になったことから、美術史上の意義も大きい。会場からは東京の街並みがはるかかなたまで眺められる。夜はバットマンに登場する「ゴッサム・シティー」を再現する演出もある。
 九月五日まで開催。午前十時〜午後十時(当面の間、午後八時まで)。原則として日時指定券が必要。前売り一般平日二千百円、土・日・休日二千三百円だが、さまざまな割引がある。公式サイトはhttps://tcv-taod.roppongihills.com/

アメリカンコミックが生んだ人気キャラクターを紹介する「DC展 スーパーヒーローの誕生」(東京新聞、東京シティビュー主催)が25日から東京都港区の六本木ヒルズで始まる。衣装や原画など貴重な資料400点以上が展示される=木口慎子撮影


おすすめ情報

DC展 スーパーヒーローの誕生 THE ART OF DC ー THE DAWN OF SUPER HEROESの新着

記事一覧