共産・志位委員長「勝利と言ってよい」 立民との候補者調整で成果

2021年7月4日 22時24分
早々に当選確実が出た候補者の名前に花を付ける小池晃書記局長(右から2番目)ら

早々に当選確実が出た候補者の名前に花を付ける小池晃書記局長(右から2番目)ら

 現有18議席の確保が確実となり、共産党の志位和夫委員長は5日午前零時すぎ、渋谷区の党本部で会見し「勝利と言ってよい」と手応えを語った。最終的に19議席を獲得した。
 「五輪より命を大切にする政治が大事と訴え戦った。訴えた政策の内容、政治姿勢は的確なものだった」と総括。東京五輪・パラリンピックは「無謀で危険な取り組み」と改めて中止を求めていくとした。
 立憲民主党と1人区などで候補者調整を行った点も「結果として大変よく機能した。実質的な共闘が進んだ。信頼関係も大事にして次につなげたい」とした。(神谷円香)

おすすめ情報

都議選2021の新着

記事一覧