都少年軟式野球アンダーアーマーT開幕

2019年7月12日 02時00分
 第51回東京都少年軟式野球大会アンダーアーマートナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)の開会式が6日、バリアフリー仕様に全面改修された、東京・大田スタジアムで行われ、参加54チームの少年たちが元気よく行進した。大森ホワイトスネークAの日塔陽太主将が「日頃の練習の成果を発揮し、支えてくれた人たちへの感謝を忘れず、全力でプレーすることを誓います」と力強く宣誓した。

選手宣誓する大森ホワイトスネークAの日塔陽太主将

 式後には、三鷹倶楽部(三鷹)と武蔵ベースボールクラブ(瑞穂)の一戦で火ぶたが切られた。大会は、8月4日に決勝が行われる杉並区上井草スポーツセンター運動場など3会場を舞台に熱戦が繰り広げられ、優勝チームは関東大会(8月・千葉)に出場する。 (竹下陽二)
 ▽1回戦
三鷹倶楽部2-0武蔵ベースボールクラブ

関連キーワード

PR情報

中学軟式野球の最新ニュース

記事一覧