今回も女性躍進!定数に占める比率は32.3%に上昇 全国平均は11.5%<東京都議選>

2021年7月5日 12時45分
 4日投開票された東京都議選は、過去最多だった前回2017年の36人を上回る41人の女性が当選した。定数127に占める女性比率は前回の28・3%から32・3%に上昇し、3割を超えた。 (土門哲雄)
 女性当選者の党派別では共産党14人、都民ファーストの会12人、自民党と立憲民主党が各4人、公明党3人の順。
 総務省によると、都道府県議の女性比率の全国平均は昨年末時点で11・5%。市区町村議では14・8%。国会は衆院9・9%、参院23%となっている。
 前回の都議選では、都民ファーストの会が追加公認を含めて55議席を獲得して躍進。このうち女性が18人を占めて女性比率を押し上げた。今回、女性候補の数は過去最多だった前回(65人)を上回って70人を大きく超え、全候補者の約3割を占めていた。

おすすめ情報

都議選2021の新着

記事一覧