福生コールド初勝利 東京都少年アンダーアーマーT

2019年7月19日 02時00分
 夏の東京都中学軟式ナンバーワンを決める第51回東京都少年軟式野球大会アンダーアーマートーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は15日杉並区上井草スポーツセンター運動場で1回戦14試合を行った。初出場の福生ベースボールクラブA(福生)が大田ドリームス(大田)を下したほか、上馬シニア野球クラブ(世田谷)は春の中体連東京王者・新宿中(葛飾)に逆転勝ちで初戦を突破した。

大会初勝利を挙げた福生ベースボールクラブA

 コールド勝ちで大会初勝利を手にした。初出場の福生ベースボールクラブAは大田ドリームスと対戦、9-0で圧勝し2回戦に駒を進めた。
 福生は、1点を先制して迎えた3回裏に打者12人の猛攻を仕掛け、一気に8点を加えて勝負を決めた。1番・松村剣史朗は1死満塁の好機に3打席目が巡ってきた。前の2打席は三振に倒れていた。「次こそは絶対にチームの力になる」。そう自らを追い込んで変化球を思い切りスイングすると、打球は右中間を抜け、うれしい2点適時打になった。
 松村は「今年は打力、守備力のバランスが取れた良いチーム」と都大会で大勝してますます自信を深めた様子。先発の東泰成は得意のコントロールがさえ、相手打線につけ入るすきを与えなかった。「狙い通り外角低めに決まっていた。次も勝ちたい」と上位進出に意欲を燃やした。
 「初出場だが、チームに落ち着きがあった。ピッチャーも安心して放れていたと思う」と試合を指揮した小山鉄也コーチ。今大会の台風の目になるか。

上馬シニア逆転逃げ切り

逆転勝利を挙げた上馬シニア野球クラブ

 意地の連打で大逆転勝ちだ。上馬シニア野球クラブが新宿中を下して初戦を突破した。
 連続四球から4番・山本悠世のスクイズで先制した上馬は、4回の守りでは無死からの走者をピックオフプレーで補殺し、新宿中最大の武器、機動力をうまく防いだかに見えたが、直後に連続三塁打で逆転を許すと、5回には新宿中主将・白井志篤に2ランを浴びるなど、エース・山本が打ち込まれた。
 それでも5回に伊藤コアの適時打で1点を返した上馬は6回、古澤優人の適時打でついに追いつき、3番・高橋涼が申告敬遠で歩かされると、「僕が打たれて逆転されたので、絶対に打ちたかった」という山本が意地のひと振り。左中間を破る2点三塁打で勝ち越しに成功した。
 山本からマウンドを引き継いで好投を続けた古澤が最終7回表を締めて勝利。大平球斗主将は「先制、逃げ切りが勝ちパターンのチームですが、きょうは全員であきらめずに戦えた。最後の夏なので、この後もみんなで、泥くさくでも勝てるようプレーしたい」と喜んでいた。
 ▽1回戦
板三中クラブ(板橋)8-1文京レイズ(文京)
上馬シニア野球クラブ(世田谷)6-4葛飾区立新宿中(中体連)
千早(豊島)8-5中川ベースボールクラブ(足立)
藤の台A(町田)10-9七北クラブA(江東)
小平クラブ(小平)7-3墨田ウイングス(墨田)
日大二中(中体連)11-2東村山パワーズ(東村山)
神谷ライオンズ(北)11-5冨士見台中クラブ(品川)
福生ベースボールクラブA(福生)9-0大田ドリームス(大田)
立川ベースボールクラブ(立川)7-0杉並ベースボールクラブ(杉並)
葛西ファイターズ(江戸川)11-10日野ウイングス(日野)
府中タイガースA(府中)8-0二之江リバース(江戸川)
佼成学園中(杉並)7-3九段中等(千代田)
渋谷セブンスピリッツA(渋谷)6-4立二ドルフィンズ(墨田) 
明大中野八王子中(中体連)4-2東京サニーズ(港)

関連キーワード

PR情報

中学軟式野球の最新ニュース

記事一覧