麻生氏、コロナ死者少ない 「先進国で最もうまくいっている」

2021年7月5日 21時21分
麻生太郎財務相

麻生太郎財務相

 麻生太郎副総理兼財務相は5日、新型コロナウイルス感染を巡り「コロナで全員、死に絶えるようなあおった新聞記事も拝見するが、日本の場合10万人当たり12、13人亡くなっている。人口比では、先進国の中で最もうまくいっている」と述べた。日本政府の対応に大きな不備はなく、感染による死者は少ないとの見方を示した発言だが、国内の感染死は1万4800人を超えている。
 東京都内で開かれた自民党衆院議員の政治資金パーティーで講演した。
 コロナ禍の東京五輪・パラリンピックに関し「巨大な祭典なので気分も変わる」と指摘。「コロナの中で、東日本大震災後たった10年で日本はこれだけの祭典をやってのけた国として、われわれはその評価に堪えるだけのことをやらないといけない」と訴えた。(共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧