下村氏、10万円再給付検討「衆院選の公約に必要」コロナ対策、生活困窮者に

2021年7月6日 07時04分
下村博文政調会長

下村博文政調会長

 自民党の下村博文政調会長は5日のBSフジ番組で、新型コロナウイルス禍の新たな経済対策として、生活困窮者を対象とした1人10万円の定額給付金再支給を党内で検討する考えを示した。「コロナ禍で困っている方々に対する追加給付を政府に提案したい」と述べた。対象者には住民税非課税世帯やひとり親家庭を挙げた。
 下村氏は経済対策の党内論議を始める意向を表明している。記者団の取材に、経済対策について「衆院選の選挙公約として必要だ」と語った。(共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧