ブラックキラーズAが4連覇!!

2018年12月7日 02時00分

墨東五区軟式野球選手権大会ナガセケンコー杯

少年の部優勝のブラックキラーズA

 墨東五区軟式野球選手権大会ナガセケンコー杯(同大会実行委員会主催、東京中日スポーツなど後援)は11月11日、東京・葛飾区総合スポーツセンター野球場(奥戸野球場)で各部の決勝が行われ、学童の部は松島ファルコンズ(江戸川)が葛飾アニマルズ(葛飾)を、少年の部はブラックキラーズA(足立)が奥戸クラブ(葛飾)を破りそれぞれ頂点に立った。一般の部は、1部・ヤマカミ(江東)、2部・江戸川スカイオーシャン(江戸川)、3部・アイランド(墨田)が優勝。また、少年の部1回戦で完全試合を記録した、足立ヤンガース(足立)の山崎航太が表彰された。 (都丸満)
 今年は思うような成績を残せず悔しい思いをしてきたブラックキラーズA。区外での最後の大会で金メダルを獲得し4連覇を達成した。
 ともにホームを奪えず迎えた6回表、下位打線から始まった奥戸クラブに先制点を許すも、直後には先頭の柳川泰輝が三塁打でチャンスメーク、一死後に3番・中舘宙が同点打、さらに2死一塁の場面で松浦駿の中越え二塁打で勝ち越した。
 7回表には、先発・中舘が同点のランナーを三塁に背負うも、最後は遊ゴロに仕留め逃げ切った。
 片山嘉月主将は「最後まで勝ちたいという気持ちが途切れずいけた。優勝できてうれしい」と笑顔で締めくくった。3年生は受験という新たな目標のなか、「最後に何か取ろうと頑張ってきた」と杉山和宏監督。「毎年、苦し勝ったけど」と4連覇を振り返り、「今年はとくに勝てなかったんでなおさら…。選手にありがとうという思いしかないです」と目頭を熱くしていた。

完全試合を達成し表彰される少年の部・足立ヤンガースの山崎

 ◇決勝
 ▽学童の部
松島ファルコンズ
1101200|5
0000000|0
葛飾アニマルズ
(松)畠中鉄心-林大耀
(葛)染谷幸心朗、仲田俊-川畑慶冶
 ▽少年の部
奥戸クラブ
0000010|1
000002x|2
ブラックキラーズA
(奥)菅佐原由基-長島貴央
(ブ)中舘宙-片山嘉月
 ▽一般の部1部
ヤマカミ3-0東京日野自動車
(江東) (江戸川)
 ▽同2部
江戸川スカイオーシャン3-0HTS
(江戸川) (江東) 
 ▽同3部
アイランド4-1モンローズ
(墨田) (足立) 

関連キーワード

PR情報

中学軟式野球の新着

記事一覧