恐竜ロボット登場 東京ドームシティ

2021年7月7日 07時22分

絶大な人気を誇るティラノサウルスの実物大ロボット (c)ココロ

 貴重な恐竜標本や実物大ロボットを間近に見ることができる「恐竜展2021」が10日〜9月5日、東京ドームシティ(東京都文京区)の「Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)」で開かれる。
 福井県立恐竜博物館が所蔵する貴重な展示物を通し、1億6000万年もの時間をかけて進化を遂げた恐竜の歴史を紹介。肉食恐竜のアロサウルスや草食恐竜のステゴサウルスなどの全身復元骨格も展示する。また、福井県内で発掘された恐竜の標本や日本が世界に誇る同館の最先端の研究も披露。
 人気のティラノサウルスは、全長12メートルもある実物大ロボットで登場。肌の質感や動きが再現され、生きた姿を体感できる。さらに、恐竜同士の対決も大迫力の特大スクリーンで鑑賞できる。
 無休。10〜18時。当日券は一般1500円、中・高校生1200円、4歳以上900円。(電)03・5800・9999東京ドームシティわくわくダイヤル

関連キーワード


おすすめ情報