「ロッキン」中止を発表 茨城県医師会の要請受け 渋谷陽一さん「悔しい」【要請書・コメント全文】

2021年7月7日 16時21分

ロック・イン・ジャパン・フェスティバルのウェブサイト


 茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で8月7~15日に開催予定だった、国内最大級の野外音楽イベント「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル2021」のイベント事務局は7日、新型コロナウイルスの感染拡大により中止すると発表した。
 中止は昨年に続いて2年連続。今回は8月7~9日と14、15日の計5日間の開催で、あいみょんやサンボマスター、LiSA、YOASOBIなどが出演予定だった。事務局がイベントのサイトに掲載した説明によると、県医師会から2日、主催者の地元ラジオ局「茨城放送」に中止検討を求める要請書が提出されたことを受け判断した。
 イベントの総合プロデューサーで音楽評論家の渋谷陽一さんは同サイトで「音楽を止めない、フェスを止めない、という思いは多くの音楽ファンが持つ共通の思い」とコメント。「いつも最前線で戦い、状況を切り開く覚悟で頑張ってきましたが、今回は思いはかないませんでした。でも私たちはこれからも最高のフェスを作り続けます」と決意を記した。
 ネットでは「ショック」「五輪もやるのに」と嘆く声がある一方、地元では全国から多くの人が集まることに不安も出ていた。
 フェスは2000年から海浜公園で毎年夏に開かれ、19年は過去最多の約34万人が来場した。(松村真一郎)
 ◇ ◇
 茨城県医師会などからの要請書は次の通り。

茨城県医師会からロック・イン・ジャパンの主催者に出された要請書

令和3年7月2日
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」主催者 殿
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」に関する要請書
 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、本県における新型コロナウイルス感染症は、令和2年3月17日に県内初の感染が確認されて以降、6月末時点で感染者10,544名、死者164名に上っております。
 この間、県民一丸となって、感染拡大防止に向けた取組みを重ねるとともに、我々医療従事者も昼夜を問わず、懸命な医療活動に当たってきたところであります。
 現在、一時の危機的な医療逼迫の状況は脱したものの、希望者全員へのワクチン接種は未だ進行過程にあり、感染力の強い変異株の勢力拡大によって、いつ何時、全国的な蔓延が繰り返されるのか、大いに懸念されるところであります。
 こうした状況の中、先日、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」の開催が公表されました。2000年からスタートしたこの催しが、今や本県における夏の風物詩として定着し、地元に大きな経済効果をもたらしていることに、いささかの疑念もありません。
 しかしながら、例年に比べ大幅な入場制限等の措置が取られるとしても、現下の状況で開催されることについては、強い危機感を抱かざるを得ません。
 つきましては、こうした事情をご賢察のうえ、下記の事項について、特段の御配慮をいただきますよう、要請いたします。
1 今後の感染拡大状況に応じて、開催の中止又は延期を検討すること。
2 仮に開催する場合であっても、更なる入場制限措置等を講ずるとともに、観客の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すこと。
                      以上
ひたちなか市医師会 水戸市医師会 日立市医師会 土浦市医師会 古河市医師会 龍ケ崎市医師会
牛久市医師会 石岡市医師会 結城市医師会 常陸太田市医師会 取手市医師会 つくば市医師会
県央医師会 笠間市医師会 那珂医師会 水郡医師会 多賀医師会 鹿島医師会 水郷医師会 稲敷医師会
真壁医師会 きぬ医師会 猿島郡医師 筑波大学医師会 東京医科大学茨城医療センター医師会
茨城県医師会大規模病院連絡協議会 茨城県医師会
次のページに渋谷陽一さんのコメント全文「本当に残念です。無念です」
前のページ

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧