<新型コロナ>韓国で1212人感染、過去2番目の多さ 「デルタ株」で深刻化

2021年7月8日 00時45分
韓国・ソウルの明洞

韓国・ソウルの明洞

 韓国政府は7日、新型コロナウイルスの新規感染者が6日に過去2番目に多い1212人になったと発表した。前日の746人から急増。インド由来の変異株「デルタ株」が拡大し、第4波が深刻化している。
 昨年12月25日の1240人に次ぐ多さ。6日の感染者は8割以上がソウル市、京畿道(キョンギド)、仁川(インチョン)市の首都圏に集中している。
 ソウル市内の語学学校講師の集まりに関連して300人以上の集団感染が起きたほか、百貨店、スポーツ施設、接待を伴う飲食店などでも感染を確認。韓国のワクチン接種完了者は人口の約10%で、未接種の20~30代の感染が目立つ。
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は感染経路の疫学調査の支援に軍や警察の投入を指示。金富謙(キム・ブギョム)首相は今後、集会や店舗営業などの制限を「最高レベルに引き上げることもある」と警戒を呼び掛けた。(ソウル・相坂穣)

関連キーワード


おすすめ情報

国際の新着

記事一覧