高知中が5年ぶり優勝!

2018年3月27日 02時00分

文部科学大臣杯第9回全日本少年春季軟式野球大会

サヨナラ勝ちで優勝を決め喜ぶ高知中の選手ら(鈴木秀樹撮影)

 中学軟式野球の“春のセンバツ”、文部科学大臣杯第9回全日本少年春季軟式野球大会(全日本軟式野球連盟など主催、中日新聞東海本社後援)は23~26日に静岡草薙球場など静岡県内で行われ、高知中(高知)が大田二中(島根)を決勝で下して5年ぶり2度目の優勝を果たした。氷見市立北部中(富山)と古賀ベースボールクラブ(福岡)が3位。関東勢は小山三中(栃木)のベスト8が最高位だった。
 決勝は高知中が序盤に得点を重ねたが、星稜中(石川)、仙台育英秀光中(宮城)と、今大会で優勝候補を次々と下し勢いに乗る大田二中打線の猛追で同点に。最終7回裏、高知中は1死満塁から4番・吉本雅宗がセーフティーエンドランを決めサヨナラ勝ちした。
  (鈴木秀樹)
 ※詳細は後日掲載します。
 ▽決勝
大田二中(島根)
0000040|4
0210101|5
高知中(高知)
(大)三成翔太、田中颯、田中康顕、田中颯-岩谷翔太
(高)小川竜輝、貞長孔-吉岡七斗

関連キーワード

PR情報

中学軟式野球の新着

記事一覧